宗像市より腰痛治療に来れられました。

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 今年の4月に「くりえいと宗像」に新院を開業させて頂く事になりました。 本日もわざわざチラシをみて頂いて、宗像より治療に来て頂きました。 オープンまでにまだ3ヶ月ほどありますので、もし痛みでお困りの方は 福津本院までご相談下さい。 福津市中央4-3-13 ℡0940-72-9288                      まつなが整骨院 

福津市の腰痛治療

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 寒いこの時期の腰痛は筋肉の緊張感からでる事が多いです。 特に元々姿勢が悪い方じゃ要注意です。 姿勢が悪い方は、すでにその状態が筋肉に負担をかけている為、 寒くなり腰が曲がると余計に筋肉が緊張し痛みが出やすくなります。 今日も津屋崎からそ筋肉の緊張感が強く痛みが出て、さらに骨盤の歪みもあり、 起き上がるのが辛そうな方が御来院されました。 歪みを治して、筋肉の緊張を手でほぐし、帰りには来るときよりも軽くなって帰られました。 明日から2~3日は寒いみたいですので、寒い日こそ姿勢を起して、体の力を抜くように 心がけましょう。 福間駅より徒歩5分  まつなが整骨院  0940-72-9288

古賀市 ぎっくり腰専門

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 12月も残すところ12日となりました。 今から大掃除、年賀ハガキとバタバタ忙しいですね(笑)。 ギックリ腰を起しやすい体勢の一つに中腰があります。掃除の時に前かがみから体をおこす時などは 特に注意するといいですね。もう一つ言うと、意識している時に痛める事はまずありません。 腰をこの時期に痛めやすい方はぜひ試してみて下さい。 同じ姿勢をずっと続けるというのも、筋肉に負担をかけます。 長時間の同じ姿勢になる場合、体勢を変える、休憩するなどして筋肉の負担を軽減するようにしましょう。 もしぎっくり腰になってしまってお困りの方は、お正月も近いですのでお早めにご相談下さい。 院長でした。

宗像市のぎっくり腰治療なら

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 12月は年末恒例の大掃除をする方が大半ですよね。 そこで多くなるのが、ぎっくり腰(急性腰痛)の患者さんです。 重い荷物を急に持つ、中腰での掃除、体をひねる、原因は分からないが掃除後よりだんだん痛みが増している・・・ と色々な状況が考えられます。 単に筋肉への過剰な負担による腰痛ならば、安静にしてアイシングしていればよくなりますが、 大抵のぎっくり腰の原因は骨盤の歪みにあります。見分け方でいうと (例) ①左右差のある痛み ②腰というよりお尻に近い所が痛い ③動き始めが痛い(椅子から立つ、起床時等) です。場合により痛みが強すぎて、腰全体が痛む場合もあります。 本当に強い腰痛は立って歩く事さえも困難ですから、この場合は誰がみても間違いありません。 治療としては早急に骨盤の歪みを治し、正しい生活習慣を身につける事が必要です。 今年の痛みは今年のうちに。年末の駆け込み治療お待ちしています。 まつなが整骨院 0940-72-9288

宗像市のヘルニア治療なら

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 腰痛が発生し、病院でレントゲンを撮った結果・・・ 「何番と何番の間隔が狭くなっていますね」とかストレートに「ヘルニアですね」など言われた事がある人という方がいるかと思います。 治療は、牽引などの物理療法、痛み止めなどの薬物療法、はたまた手術・・・。 ヘルニアと聞くと大変な病気のように思われますが、(勿論、本当のヘルニアは大変ではありますが) 原因が分かればそんなにビクビクする必要はありません。 ではヘルニアの原因はというと・・・ 「猫背」!!ようするに「姿勢の悪さ」です。 思い当たる事ないですか? イスに座っている時、車の運転、テレビを見ている時、歩いている時・・・ いかがでしょうか? この姿勢を繰り返すとどうなりそうですか? 姿勢が悪くなると、骨と骨の間隔が狭くなりそうではないですか? 当院の治療は姿勢の改善だけではなく、骨盤の歪みも一緒に治して、再発を予防していきます。 宗像市で腰痛やヘルニアの痛みでお悩みの方、 もし私達に何かお手伝いできる事があれば、いつでもご相談下さい。 院長でした。 福間駅より徒歩5分 まつなが整骨院 0940-72-9288

福津市の腰痛治療なら・・・

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 患者さんの一番多いお悩みは、「腰痛」です。 これは年齢に関係なく、若い方だと小学生(!!)から80代の方まで年齢は様々です。 腰痛の原因は色々とありますが、大きくわけて4つ。 1、骨の変形を含めた問題 2、内科的な問題 3、筋肉が原因の問題 4、骨盤の歪みの問題 となります。2の場合は当院で治療は難しいですが、1、3、4であれば対応可能です。(1に関しては状態や程度等の一定の条件をクリアした場合) 病院に通っているが、中々思うように治らない方、もう治らない、どこに行っても一緒、その時だけ楽になるだけ・・・ 理由はそれぞれあると思います。 私達まつなが整骨院は、きっと皆さんの求めている、納得いく説明、安全で確かな治療を武器にあなたを腰痛から救えると思います。 特に何軒も治療に通っている方ほど、納得されると思います。 福津市の腰痛でお悩みの方、もし当院でお手伝いできる事があればいつでもお電話下さい。(0940-72-9288) お待ちしています。 院長でした。

宗像市よりギックリ腰(ぎっくり腰)治療に来られました。

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 昨日から宗像市よりギックリ腰の治療に来られている患者さんがいます。 2週間前に痛めて、日に日にひどくなり、ホームページを見て御来院頂きました。 若い時より繰り返している様子で、年々痛みの出る間隔が短くなっているという事でした。 何回も繰り返すギックリ腰の原因は、全部とは言いませんが、多くは古くからある骨盤の歪みが原因です。 今回の患者さんも調べてみると、やはり歪みが強かったので骨盤矯正を行いました。 今日来院の際、痛みはだいぶ減って動きもスムーズでしたが、歪みはまだあるので油断禁物です。 何回も繰り返す腰痛でお悩みの方、一度ご相談下さい。 院長でした。

宗像市から腰痛治療に来られています。

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 先日から腰痛が強く、足の痺れもあり、仕事も休んでいるという20代の女性の患者さん。 以前来られていた患者さんの御紹介で来られました。 当初歩くのも辛そうでしたが、原因を調べてみると、 「骨盤の歪み」と「姿勢」。それと重要なのは「炎症」です。 よくこの「炎症」への処置が過剰になる事で、治るまでの期間が非常に長くなる事があります。 炎症はゆうなれば「火傷」です。「やけど」されてまずすることは・・・ 「水で冷やす」ですよね? 腰痛で炎症の強い場合も腰がやけどしていると思って冷やす事が大事です。 炎症が強いのに治療をしても、あまり効果は出ません。 腰を冷やす場合は、「氷水」で行いましょう!氷水が一番安全で効果が高いです。 一度試してみて下さい。(注意:効果は症状により個人差がありますが、消して悪くなる事はありません。正しい冷やし方をした場合のみ) ちなみに女性の患者さんは5回ほどでほとんど痛みは消え、仕事にも復帰されました。 院長でした。

福津市 ギックリ腰治療

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史(マサシ)です。 経験した人にしか分からないギックリ腰の痛み。 西洋では魔女の一撃とも言われています。 一度なると、多くの方はクセになり、最初は何年かに一回だったのが、加齢と共に頻度が上がり、 中には1年に何回もなるという方もいます。 一般的な原因は、腰の筋肉の肉離れと言われます。筋肉に負担の掛かる動作をした際に、 筋肉が耐えられず傷が入り痛みが出る。加齢と共に筋肉も衰えていく為、痛みが頻繁になる。 確かに間違いではありません。実際肉離れは起きますし、加齢と共に筋力低下ももちろん起こります。 ただ、もう少し詳しくみると、多くの方に骨盤の歪みがあります。そして歪みが強い側の筋肉の肉離れを起す事が多いのです。 当院のギックリ腰治療は、筋肉だけではなく、骨盤の歪みにも目を向けて治療するため、早期回復は勿論、 再発予防にもなります。 もうギックリ腰で悩むのは散々!!そんな方のご相談をいつでもお待ちしています。 院長でした。

福津市 ヘルニア治療

こんにちは、まつなが整骨院 院長 松永誠史です。 前回のヘルニア治療の話の続きです。 〇〇が大事!!! さてこの〇〇、それは・・・ 「姿勢」。 そうです、ヘルニアになる人というのは姿勢が悪い人です。 ですのでヘルニアの完治を目指すのであれば、正しい姿勢は最重要です。 腰部ヘルニアを例にあげると、腰の骨と骨の間にある椎間板が外に飛び出ています。 ではなぜ、外に飛び出てしまったのか?元々、椎間板は姿勢がいい状態で保たれている時に、 正常に骨と骨の間に存在します。それが姿勢が悪くなり、骨と骨が近づいてくると圧迫され、居場所がなくなる為外に飛びでてしまいます。 そして神経に触り、痛みや痺れが発生する。 もうお分かりでしょうか?ですので、椎間板を元の正常の位置に戻そうと思えば、 まずは姿勢を起し、椎間板の入る隙間を作ってあげないといけません。 どうでしょうか?少し理解して頂けたでしょうか? 当院ではヘルニアでお悩みの方もたくさん御来院頂いています。 院長でした。